運営者の紹介

プロフィール

氏名:一條 友樹(イチジョウ ユウキ)
年齢:1988年8月5日(33歳)
家族:妻と子供3人
住居:千葉県習志野市
趣味:DIYと筋トレ

経歴

2011年3月:東海大学文学部卒業
2011年4月:東京消防庁入庁
2018年10月:東京消防庁退職
2019年4月:送迎バス人材派遣会社就職
2019年11月:キャンプスクレープとして移動販売を開始
2020年8月:カケハシフードトラック創業

約8年間、東京消防庁で勤務しました。当時は墨田区と江戸川区の消防署に配属され、主に救急隊員として活動していました。

2018年、30歳になったのを機に退職します。退職理由は、自分で事業をやってみたかったからです。退職してからは、ライターの勉強をしながら、送迎バスの運転アルバイトをしていました。

そして2019年、たまたま見かけたキッチンカーをきっかけに、クレープ屋を開業します。日々の苦労や、感じたことをYouTubeで公開して、そこそこ注目をあびました。

そして2020年8月、新しいキッチンカー事業を展開するために、カケハシフードトラックを創業しました。


事業目標

  • キッチンカーの正直な情報を提供
  • キッチンカーが稼げる場所を作る
  • リスクの少ない開業方法の提案
  • 災害時への対応

偽りのない情報提供

まず自分がキッチンカーを開業して感じたことは、誇大広告が多いということです。

多くの情報は企業の売上アップのために、都合のいいように書いていることに気づきました

僕は『キッチンカーで年収1,000万円!!』という情報を信じて開業しましたが、全然無理でした。

カケハシフードトラックは利益を無視した、正直な情報のみを届けることを約束します。

それが正確かというと難しいですが、少なくとも自分の利益のために嘘をつくことは絶対にしません。

本音で書かれている情報を見て、そのサービスを使うか判断する方がフェアだと思うので、質の高い情報を提供してまいります。

こだわりの出店場所

カケハシフードトラックは、どこでも出店仲介をするわけではありません。

キッチンカーに対する条件がいい場所に限り、カケハシフードトラックが紹介しています。

主観で出店料が高いと感じたり、条件が厳しいと感じたら、仲介することをお断りしています。

出店料はおおよそ10%を目指しており、過去の売上を見て、土地のオーナー様と調整してまいります。

低リスクの起業

いろんなキッチンカーのオーナーの話を聞く中で、開業費用について考えさせられました。

よく「キッチンカー開業なら300万円はかかる」と言われていたのですが、費用をかなり抑えて開業されている方はたくさんいます。

特に気をつけるべきは、フランチャイズ開業です。自分でやるだけで抑えられる費用があり、いいように手数料を取られるのはもったいないです。

屋台での開業なら20万円以内でも可能です。

ほとんどの方が失敗する飲食店開業なので、失敗しても問題のない「低リスクの開業」をカケハシフードトラックは提案します。

災害とキッチンカー

代表が元消防士ということもあり、人助けはしていきたいと思っています。

カケハシフードトラックはキッチンカー事業です。災害地にキッチンカーを派遣するなど、今からでもできることはあります。

個人でできることは小さいかもしれませんが、災害時に機能できる事業でありたいです。


以上がカケハシフードトラックの事業目標です。

公式LINEに登録すると、出店場所への応募ができ、イベントや買取り案件の依頼が来たりします。登録していただけることで、事業規模も大きくなるので、一緒に進んでくれる方をお待ちしています。

公式LINEへの登録