第2回船橋テラスマーケット開催のお知らせ

キッチンカーに導入するべきキャッシュレスは??【結論:PayPayが必須】

キャッシュレス

『まさか現金決済だけでキッチンカーをやろうとしていませんか??』

断言できますが、それはかなりの損失を生みます。


どうもこんにちは。カケハシフードトラックのゆきちです。

今回の記事はキッチンカーが導入するべきキャッシュレスを紹介します。


さてみなさんは「キャッシュレス」を導入していますか??

キャッシュレスとは、現金以外の決済手段のことです。

  • なんでキャッシュレスを導入する必要があるのか
  • 何のキャッシュレスを導入するべきなのか

これが分からない人は、絶対に最後まで読んでください。

この記事は具体的に

  • キャッシュレスを取り入れるべき理由
  • 導入するべきキャッシュレスの種類
  • 手数料について

を解説しています。

3分くらいで読めますし、確実に売上も伸びると思いますのでサラッと見てください。

キッチンカーに導入するべきキャッシュレスとは

クレジット

今回お伝えしたいことはもう一つです。

「いいからPayPayを導入しなさい」

読むのが面倒な人はPayPayをお店に入れれば大丈夫です。それ以上は何も言いません。


読むのが面倒ではない人は、こんな構成で解説してます。ぜひ理解を深めてください。

  1. キャッシュレスを導入する理由
  2. その中でもPayPayを導入する理由

まずキャッシュレスを語るうえで、自分の経験を話します。

2019年キッチンカーでクレープ屋をやっていました。小さいお店ですがバーコード決済や、クレジットカードを取り入れ、その実用性は肌で感じました。


そしてキッチンカーを始める前は個人ブロガーで、キャッシュレスをテーマにした記事を100個くらい書きました。正直、キャッシュレスの知識は専門家レベルです。

そんな僕が解説します。

キャッシュレスを導入するメリット

ズバリ、この理由でキャッシュレスは導入するべきです。

  1. お客さんが便利だから
  2. 回転率が上がるから

この2つの理由を解説します。

お客さんが便利である

なぜキャッシュレスでお客さんが便利になるかというと

  • お会計がラクになり
  • ポイント還元があるからです。

現金会計は、まずお財布を持ってないといけないんです。

しかし今の時代は、お財布の役割がスマホになっているんです

  • 銀行のキャッシュカード
  • ポイントカード
  • クレジットカード
  • 電車移動の「Suica」

これらは全部スマホで完結しています。

無いのは免許証くらいですが、これは車に乗らなければ特に必要のないものです。

つまりもう「お財布を持たなくても問題がない時代」になってしまったのです。


僕なんかは基本スマホで支払いたくて、キャッシュレスがないお店は『PayPayないのかよ..』と仕方なく現金を使います。

財布を取り出すのは面倒ですし、そもそも持ってなかったりしますからね。

これが一つ目の理由です。


次に重要なことがポイント還元についてです。

なんとキャッシュレスで決済をすると、お金が返ってくるんです。


どれほど返ってくるかというと、通常でも0.5%、キャンペーンなどになると20%も返ってきます。

キャッシュレス利用者の一番の目的は、このポイント還元です。

お財布で決済しても、1円も得しませんからね。

関連記事

回転率が上がる理由

キャッシュレスのメリット二つ目は、お店の回転率が上がるということです。

その代表的なものがQRコード決済です。

QR決済
QRコード決済とは?

スマートフォンのカメラ機能を使い、専用のバーコードを読み込むことで、会計をする方法のこと。

なぜQRコード決済で回転率が上がるかというと、現金をもらうこと、お釣りを返すことが省略されるからです。

お店の人がやることは「確認する」だけ。


お会計する時間を失くして他の作業ができるんです。

それは回転率が上がりますよね。理屈はかんたんです。

特にキッチンカーの場合は一人ですべての業務をやるので、QRコード決済は効果抜群です。


さらに現金の計算もしないのでミスも減ります。

つまりキャッシュレスは一石三鳥くらいあるということです。

とにかくPayPayを導入しよう

以上のことを踏まえて、僕が圧倒的におすすめするキャッシュレスがPayPayです。

PayPayをおすすめする理由は4つあります。

  1. ユーザー数が一番多い
  2. 手数料が最安値
  3. 導入までが早い
  4. データ管理が便利

では順番に解説します。

ユーザー数日本1位

PayPayはユーザー数5,000万人で、ぶっちぎりの日本一です。

なんと2位のサービスに倍以上の差をつけ、日本人の3人に1人はPayPayを持っていることになります。そして今後も間違いなく増え続けます。


ユーザー数が多いということは、それだけPayPayを使いたい人が多いということです。

ユーザー数が1位というこの事実だけで、キャッシュレスはPayPayを選ぶべきです。

手数料最安値

PayPayは決済手数料が1.98%で最安値です。

例えば楽天ペイでは3.24%、メルペイは2.6%です。

手数料1.98%は業界で最安値です。

導入までが早い

これは僕が実際にPayPayを導入して感じたことです。

ネットで申請してから、家にキットが届くまでの期間が3週間でした。つまり3週間後にはお店にPayPayのQRコードが提示できます。


キッチンカー開業と同時に複数のキャッシュレスを申請しましたが、一番最初に届いたのがPayPayでした。

僕は申請したのが11月23日、自宅にキットが届いたのは12月11日です。

データ管理が便利

PayPayの決済履歴はすべて、スマートフォン上のアプリで確認することができます。

決済画面

1日の売上を表示したり、支払いをキャンセルすることもすぐにできます。

使ってみると、とてもシンプルでかんたんです。

PayPayを導入するべき理由まとめ

それではキャッシュレスを導入するべき理由と、その中でもPayPayを選ぶべき理由を解説しました。

最後にまとめです。

キャッシュレスを導入するべき理由

  • スマホが何でもできるようになり、お財布を持たない人が増えてきた。
  • ポイント還元があるので現金を使いたくない人がいる。
  • 従業員の会計負担が減り、さらに回転率も上がる。

PayPayにするべき理由

  • ユーザー数が圧倒的に日本一だから。
  • 手数料が業界最安値だから。
  • 設置までの期間が早いから。
  • データでの情報管理が便利だから。

まだお店にキャッシュレスを導入していない人は、急いでPayPayに登録してください。きっと多くの人に喜ばれるはずです。


コメントを残す