キッチンカーの【出店料】適正価格とは?

適正な出店料とは

どうもこんにちは。カケハシフードトラックのゆきち(@yuki_one2)です。

さて今回の記事は「出店料の適正価格」について考えていこうと思います。


この内容は出店場所を提供している方に、ぜひ見てもらいたい記事です。

まず出店料の値付けが適当すぎる場所が多すぎます

事業として利益をあげることが目的ですが、目先ばかり気にして逆に損失になっています。

これではキッチンカーにとってもマイナスです。


まさに「二兎を追う者は一兎をも得ず」状態。

これは非常にもったいないです。


今回はただ「出店料を下げるべき」という意見を言いたいのではなく、どうやって価格を決めるか、ひとつの提案を出します。

場所を提供する業者にとっても、キッチンカーにとっても、ちょうど良い価格帯を設定してwin-winを目指しましょう。


ということで今回のテーマはこちら。

キッチンカー出店料の適正価格

最初に結論から出します。キッチンカーの適正価格とは..

売上平均の約10%を定額で徴収すること

これです。

ではこの結論にいたるまでの説明をしていきます。

なぜ出店料が高いと損失なのか?

考える

多くの事業は利益を最大限に出るように努力をしています。

これは当たり前のことです。


そして出店場所を提供している事業者は、キッチンカーからなるべく多くの手数料をとって、利益を出そうとしています。


相場でいうと売上の20%とかです。

ではその結果どうなるかを考えていきましょう。


「売上の20%」というと、大したことない数字と思うかもしれませんが、そんなことありません。

とても高額です。

例えば40,000円を売り上げたとしましょう。

20%だと、出店料は8,000円です。


40,000円を売り上げるには、12,000円の材料費が必要です。そこから消耗品や、移動費で3,000円はかかるでしょう。


残ったお金は17,000円です。

4万円も売り上げたのに、残るお金というは半分にも満たないのです。

原価は大きくは変えられないし、消耗品も減らせません。


つまり出店料は利益に大きく影響するのです。

キッチンカーをやっている方なら、出店料の重要性はよく理解しています。


常に利益を出せる場所を探していて、より条件のいい場所へと出店するのがキッチンカーです。

以上を踏まえて、出店料が高い場所がどうなるかというと..

出店するキッチンカーがいなくなります

他のいい場所を求めて離れていくのは必然です。

非常にもったいないですね。


利益を求めて出店料を高くしたのに、結果1円も生まない場所になってしまった。

ということで、出店料が高いと結局なにも生まない場所になるから、もったいないということです。

歩率ではなく定額にする理由

なるべく出店料を確保したいという理由で、歩率で徴収することが多いのですが、僕は反対です。

これからその理由を紹介します。

売上が正確じゃないリスク

売上の〇%としてしまうと、正確に報告をされないリスクがあります。

先ほどのとおり、なるべく出店料を抑えたいので『本当は4万円売れたけど2万円って報告するか』などと考える人も出てきます。


しかもこれを言及するのは、至難の技です。

ずっとお店を見張って、売上を計算しますか?


いえいえ、売上は本人の言葉を信じるしかないので、正確な数字を知るのは難しいです。


そして万が一、嘘が発覚した場合も最悪です。

キッチンカーとの関係も悪くなるだけでなく、その後の処理なども大変です。


これはキッチンカーが悪いのもそうなんですが、システムを作った側にも責任があります。

悪いことができるような仕組みを作ったのが、そもそもの間違いなんです。


そこで、定額にすることをおすすめします。

出店料を〇〇円と決めてしまえば、売上は関係ないので、相手が嘘をつく必要がないのです。


ということで歩率のデメリットのひとつで、嘘をつかれる可能性があるということでした。

事前決済が可能

定額の場合、出店料は最初から決まっているので、事前決済してもらうことも可能です。

事前に出店料を払ってもらうことで、利益を絶対に確保できるので、当日払わないを防止できます。


ちなみにカケハシフードトラックは定額の出店料ですが、事後決済にしています。

キッチンカーが頑張れる

先ほどのとおり、キッチンカーはなるべく出店料を安くしたいと思っています。

定額で決まっているのなら、今度はその金額を割安にしようと考えます。

例えば出店料が5,000円と決まっているなら


2万円売り上げた場合は25%の出店料となり
5万円売り上げた場合は10%の出店料となります。

当然割安な方を狙いにいくでしょう。


歩率の場合は、頑張れば頑張るほど絞りとられますが、定額は頑張る分だけ自分に還元されます。

定額で出店料が決まっていると、気持ちは楽ですよね。

10%の売上平均をどう調べるのか

調べる

冒頭で20%だと利益がほとんど残らないので厳しいという話をしました。

出店場所を提供する方の利益と、キッチンカーの負担を考えると10%がちょうどいいラインだと思います。


出店場所を提供して利益を追求するのなら、キッチンカーの方に稼いでもらわないといけません。

そして出店をリピートしてもらって、継続的に出店料を払ってもらうことが大切です。


でも最初から平均10%を計算するのは無理ですよね?

そこで最初の1ヶ月は必ずプレオープンをさせてください。

キッチンカーの方に、1ヶ月はお試し期間として、出店料1,000円とか無料で出てもらいます。


ここから重要なのですが、その1ヶ月の売上を確実に調べてください。

できればいろんなタイプのキッチンカーに出てもらうといいですね。


そして1ヶ月の売上を見て、平均金額の10%を翌月からの出店料にします。

このようにして、10%の売上を算出してみてください。


キッチンカーは本当にやってみないと、需要がわかりません。

売れなさそうな場所が賑わったり、売れそうな場所がダメだったり、僕もいろんな現場を見てきました。


適正な出店料にするのには、実際にやってみることがかなり重要です。

出店料を変更するのはアリ?

とは言っても、キッチンカーは時期や季節によって売上は大きく変わります。

一般的に8月などの暑い時期は売れゆきが悪く、春と秋は調子が良いです。


季節によって出店料を変えるのもアリですね。

そのときも売上のデータが必要です。


利益が残らないとキッチンカーが去ってしまうので、負担にならない金額で調整しましょう。

まとめ

適正な出店料とは..

売上平均の約10%を定額で徴収すること

その理由をまとめると..

  • 出店料が高いとキッチンカーがいなくなる
  • 歩率よりも定額にした方がメリットがあるから

具体的な価格設定のやり方は

  1. 最初の1ヶ月はプレオープンを設けてキッチンカーに出てもらう
  2. その期間は必ず売上を計算すること
  3. 翌月から売上平均の10%を定額で出店料にする
  4. 季節によって出店料を変えてもいい

以上になります。


出店料の適正価格をこれまでの経験をもとに、考えてみました。

カケハシフードトラックではすでにこの方法を採用していて、新しい場所はすべてプレオープンをやっています。


かなりいい手法だと思うので、ぜひ取り入れてみてください。

キッチンカーをやっていた頃に、出店料の高さというのは、いつも気になっていました。


適正な価格でやれば、場所を持っているオーナーも収益になるし、キッチンカーも嬉しいのでwin-winになるはずです。


多くの場所が「面倒だから」という理由で放置されていますが、これを機に価格が見直されればいいなと思います。

では最後まで読んでいただき、ありがとうございました。

コメントを残す