キッチンカー/発電機の騒音対策

騒音防止

どうもこんにちは。カケハシフードトラックのゆきち(@yuki_one2)です。

2019年にキッチンカーを経営していました。


さて今回の記事は発電機の騒音対策を紹介します。

どこでも電気を供給してくれる便利な発電機ですが、結構うるさいんですよね..

騒音

カケハシフードトラックでも相談を受けることがあり、例えば住宅街の出店で、発電機の騒音について相談されたことがありました。

しかし、これといった打開策が無いのが現状です。

騒音があると出店が難しい場所

  • マンション
  • 閑静な住宅が近くにある場所
  • 公園
  • 屋内のイベント会場など

ということで今回は、発電機の騒音対策として、有効な手段を考えていこうと思います。

キッチンカーの必需品である発電機を、なんとかしていきたいものです。


それでは今回のテーマはこちら。

発電機の騒音なんとかなりませんか?

イーノウ発電機

まず発電機がどのくらいの騒音を出しているのかをお伝えします。

出力1500Wを超えるもので、だいたい80dB(デシベル)くらい。そして最近の、騒音に配慮された発電機でも60dBくらいです。


“デシベル”のイメージ図があるのでご覧ください。

騒音指数

「図でわかる/米軍機爆音120デシベルとは…救急車の音の何倍?」

琉球新報DIGITSLより

カケハシがおすすめしている、EENOUR製品でも60dBです。

騒音のレベルは「普通の会話程度」ですが、音が『ブロロロ..』という感じなので、不快感は会話以上です。

発電機/gs1800iキッチンカーが買うべき発電機一選【EENOUR-GS1800i】

発電機の騒音レベルは「普通の会話~救急車のサイレン」くらいの音量があるみたいですね。

ではこの騒音を軽減する方法をいくつか提案します。

発電機の騒音対策4選

まず前提の条件として、発電機自体の駆動音を下げるのは難しいようです。

発電機本体を改造しない方法で、4つほど騒音対策を紹介します。

対策Ⅰ.電源をなんとか借りる

騒音で発電機を使えないとき、これができれば一番いいです。

ただ電源がないから、発電機を使おうとしているんですよね。わかります。


しかしかんたんに諦めないでください。

意外と街には外部電源があります。例えば自動販売機を使うには電気が必要ですし、外灯がある場所にもコンセントがあったりします。


過去には空き地に出店するとき、関係のないお店からコンセントを借りたこともあります。そのときは、1日500円をお支払いしました。

お店からしても収益にもなるので、喜ばれる方もいます。


30mの延長コードが届く範囲に、もう一度電源がないか確認しましょう。ときには電源を借りる交渉もあってもいいと思います。

対策Ⅱ.防音ボックスを買う

じつは発電機の音を和らげるアイテムがあります。

防音効果は80dBを66dBに下げるくらいでした。

こちらにわかりやすい動画があったので添付しておきます。

https://www.youtube.com/watch?v=SDOekv57bOw


これであれば大体の発電機は対応できますが、なんと価格が7万円オーバーです。

発電機の本体より高いです。


経済に余裕がある方はいいですが、ちょっと手は出しづらいですよね..

対策Ⅲ.防音ボックスを作る

本格的な防音装置は高いので、自分で作る道を考えました。

必要なアイテムはこちらです。

まずこちらの吸音材を2セット購入し、長方形にカットしたベニア板に貼り付けます。そしてこれを4枚作ります。

マジックテープや蝶番で板を繋げれば、自家製防音ボックスの完成です。

防音ボックス

このようにイメージはできるんですけど、機能性は疑問があります..

隙間があると音が漏れるので、ぴったりに作る必要があります。かなりの技術が必要なので、やっぱりDIYは難しいかなと。


収納もかさばりそうなので、既存の防音ボックスが高額なのも納得です。

対策Ⅳ.ポータプル電源を使う

今回の対策としては、個人的に一番おすすめしたい手法です。

発電機を使わずに、ポータブル電源を使います。

しかしEENOUR製品でも価格は、Amazonで20万円弱。かなり高額の商品です。

それでも僕はポータブル電源をおすすめしたい理由があります。


「発電機&防音ボックス」と「ポータブル電源」を比較して、メリットとデメリットをまとめます。

ポータブル電源のメリット

  • 騒音が全くない
  • ガソリンがいらない
  • 雨天時は車内に置ける
  • 動作が安定している


ポータブル電源のデメリット

  • パワーが発電機に比べると弱い
  • 毎回充電する必要がある
  • 高額

最大のメリットはやはり騒音が全くないということです。貯めた電気を使うので、ポータプル電源は音が一切しないのです。

逆に最大のデメリットはパワーが弱い点です。紹介した商品「S2000」は、ポータブル電源では最大級の容量を持っていますが、それでも容量は2000Whにとどまります。


2000Whというのは、200Wの電力で10時間、1000Wの電力で2時間動かせる容量です。

例えばクレープの鉄板などは、常に1200W程度の消費電力なので、2時間も使えないということです。


キッチンカーで電力の大きい機材を使いたい場合は、ポータブル電源ではまかなえません。

これが最大のデメリットです。

EB50発電機よりも便利【ポータブル充電器】EENOUR-EB50

今回のテーマである「騒音対策」について考えると、大きい電力を使うキッチンカーは「発電機&防音ボックス」しか手が無いです。

しかし消費電力が300W程度のキッチンカーでは、ポータブル電源がかなり有効だと思います。


「発電機&防音ボックス」では騒音は軽減できても、完全に防ぐことはできません。さらに防音ボックスを収納しておくスペースが必要で、毎回設置するのはとても面倒です。

ポータブル電源はコードを繋ぐだけなので、手間はなく、場所を選びません。


高額という問題はありますが、騒音は確実に防げるので、メリットとデメリットを天秤にかけてみてください。

その中で、今回紹介した手法をどれか選ぶしか無いですね。

まとめ

では今回は「発電機の騒音対策」について、考えられる対策を紹介してきました。

その4つの方法をまとめます。

Ⅰ.外部電源を探す

意外と街には電源があるので、かんたんに諦めず、使えるコンセントを探してみてください。

Ⅱ.防音ボックスを買う

持っている発電機を生かす方法。大幅に騒音を軽減できるが、防音ボックスの価格は7万円弱。

Ⅱ.防音ボックスを買う

吸音材をベニア板に貼って自分でDIYする方法。かなり安く抑えられそうだが、ちゃんと機能するかはDIYの腕次第。

Ⅱ.防音ボックスを買う

価格20万円のポータブル電源を利用する。すでに発電機を持っている人が新しく買うのは難しいが、これからならポータプル電源も検討するべき。

騒音は0で使い勝手も最高だが、大きな電力は使えない。あとは高額なので、いろんな条件を比較してみること。


結論は発電機の騒音はそうそう防げないということです。

本気で騒音を防ぎたいなら、それなりのお金が必要ということですね。

コメントを残す