第2回船橋テラスマーケット開催のお知らせ

飲食店やるなら、まずは屋台やってみたら??

屋台がおすすめ

「飲食店は2年以内に50%が潰れる」

どこの何のデータかはわかりませんが、検索するとこんなことが書かれています。


私はカケハシフードトラックという、キッチンカーを取りまとめる事業をしていますが、これに近いことは確かに感じます。

そして私自身も飲食店を8ヶ月余りで廃業している一人なのです。


とはいえ

  • なぜ飲食店は続けることが難しいのか
  • それなのに、なぜ始める人が多いのか

この理由がわかるでしょうか?

そこで今回の記事では、一つの提案をしようと思います。

飲食店やるなら、まずは屋台から始めてみよう

なぜ屋台から始めてみるべきなのか、気になる人はぜひ最後まで読んでみてください。

この記事は2,000文字程度で、読み終えるのに2分くらいです。もしかしたら、あなたの人生を変える記事になるかもしれません。

飲食の初心者は屋台から始めるべき理由とは??

この記事の構成は、

  1. 飲食店を続けるのが難しい理由
  2. なぜ飲食業を選ぶ人が多いのか
  3. 屋台から始めるべき理由

となっています。

もくじから好きなところに飛んでもOKです。

飲食店を続けるのが難しい理由

理由はいくつかあると思いますが、私が感じる要素は4つです。

1.経費が多い

飲食店はお金がかかるポイントが多いです。

  • 食材費
  • 設備費
  • テナント料
  • 人件費

これが例えばデザイナー、プログラマーなどのパソコン一個でできる仕事ならば、かかるのはパソコンの設備費くらいです。

会社員であれば必要なのは自分の体だけですよね。

飲食店は出ていくお金が多いので、途中でキャッシュアウトしてしまう可能性が高いです。

2.商品に有効期限がある

つまり売れなかった食材は腐ってしまうということです。

自分の技術を商品にしている方はそれに期限は無いですし、食材以外を商品にしていても同じです。

食材だけは売り切らないと、まるまる仕入れ損になってしまうのです。

3.思ったより売れない

これは100%そうなるわけでは無いですが、飲食店を始める多くの方が感じることです。

見積もりが甘いんですよね。

『あそこのお店が上手くいっているんだから、自分もやれば売れるはず』

そんなこと思っていないでしょうか。


上手くいっているお店は何年もかけて商品を研究し、日々ブランド力を磨いてきています。お金も潤沢に持っています。

そんなお店とポッと出の新人が同じわけが無いんです。

売れないのが当たり前の世界なのですが、理想とのギャップに心が折れてしまう人もいます。

4.思ったよりツラい

飲食店の現場は体力が必要です。

これは自分の経験談なのですが、当時僕はキッチンカーで週一休み、月26回出店しようと計画していました。

消防士だったこともあり、体力には自信があったからです。


しかし実際に開業してみると、月の勤務は20回ほどしかできませんでした。

朝8:00くらいには家を出て、帰ってくるのは20:00です。さらにそこから片付けや仕込みが始まるんです。

出店がある日の自由時間なんて1時間も持てません。

これが毎日続くのは、精神的にもとても辛いことでした。


体力というより、長時間働き続けるメンタルが必要なのかもしれません。

これに耐えられなくなると、飲食業を諦めることになります。

なぜ飲食店を選ぶ人が多いのか??

続いての疑問ですが、開業・独立となると飲食業を選ぶ人がとにかく多いです。

この理由について探っていきましょう。

1.最も身近なビジネスだから

まず考えられるのは、飲食業は誰にとっても身近なビジネスです。

子供の頃からレストランで食事をすることもあるでしょうし、大人になっても居酒屋に行ったりします。

「食材を買って料理して売る」

とてもシンプルな構造ですよね。お金儲けのイメージがしやすいんですよ。


それによって『これなら自分でもできる』と、憧れを抱きやすいビジネスが飲食業なのです。

2.特別なスキルがいらないから

かんたんに言うとバカでもできるのが飲食業です。

開業するのに試験も無いですし、特別な資格も必要ありません。

必要なのは寝てても取れる「食品衛生責任者」という認定だけです。

中卒でもOK。学歴もまったく関係ないのも人気の一因でしょう。

3.初期費用がなんとかなる

例えばキッチンカーの開業なら、だいたい300万円もあれば開業できます。

もちろん高額なのですが、これがギリギリ手の届く金額なんですよね。

何の実績もなくても日本公庫で借入れできる人もいますし、カーローンだって組めます。

200-300万円という、どんな人でも何とか捻出できてしまう金額というのが、開業の後押しになっていると思われます。

4.成功のイメージがつきやすいから

先ほど言ったとおり、飲食業は「食材を買って料理して売る」という分かりやすいビジネスモデルなので、かんたんだと思われています。

『俺でもできる』と感じる人が多いので、飲食業を選ぶ人が多いのです。

屋台から始めてみよう

そこで、これから飲食業を開業しようと思っている方に提案をします。

まずは屋台からやってみよう!

なんで「屋台」なのかを解説します。

1.失敗してもダメージが小さい

ほとんどの飲食店は失敗しています。

屋台の開業はなんと20万円もあれば可能なんです。

もし完全に失敗しても失うものは20万円だけなので、2ヶ月もバイトすれば回収が可能です。

こちらの記事で屋台に必要なものをチェックしてください。

関連記事

屋台開業 【初期費用は13万円】屋台開業に必要なアイテム一覧

2.飲食店のリアルを体験できる

飲食店を続けるのが難しい理由は

  • 経費が多い
  • 商品に有効期限がある
  • 思ったより売れない
  • 思ったよりツラい

と紹介しましたね。

屋台を始めてみれば、この現実を感じ取れるはずです。

「いざ開業してみたけど理想とのギャップが..」ということは、これで確実に防げます。

3.飲食店をやらない判断ができる

「飲食店を開業する」と決めた人の考えを改めるのはかなり難しいです。

もう自分で決意してしまっているからです。

そこで屋台開業です。


もし屋台でも上手くいくようなら、どんどん背中を押してあげましょう。屋台から店舗を持ってもいいと思います。

しかし屋台で上手くいかなかった場合、そこで諦めがつくかもしれません。

もし固定店舗を持っていた場合1,000万円の借金を負うかもしれなかったのに、屋台で始めたおかげで20万円で済んだ。

これは人生を大きく左右する違いです。


何も開業するだけが人生ではありません。

自分には向いてないと判断し、会社員として働くことも素晴らしいことです。

「やっぱりやめておこう」と思えるきっかけとして、まず屋台で始めることがおすすめです。

失敗しても大丈夫な挑戦

僕は『キッチンカーをやってみよう』なんてことは言えないんですよ。

自分が盛大に失敗しているからです。

ただ今のカケハシフードトラックがあるのは、僕がキッチンカーを始めたからなんです。


人生なにがあるか分かりません。

ひょんなことから新しいビジネスが生まれたりします。

ただこれだけは間違いないことがあります。

途中で死んだら新しい場所へは行けない

ここで言う死ぬとは、破産とかを意味します。

つまり取り返しのつかない失敗をしてしまうと、次のステップには行けないんですよ。

「失敗はしてもいいんだが、死なないようにする」

まさに屋台開業は、新しいチャレンジにはピッタリなのです。

コメントを残す