【キッチンカーは儲かるのか】実際にやってみて分かったこと

キッチンカーのリアル

どうもこんにちは。カケハシフードトラックのゆきち(@yuki_one2)です。

2019年にキッチンカーを経営していました。


さて今回はキッチンカーは儲かるのか、かなりリアルにお伝えしようと思います。

これから開業を夢見ている方には、ぜひ読んでほしい内容です。


そんな僕は、2019年11月にクレープ屋を開業し、8ヶ月後に廃業しました。

これから書く内容を見て、本当に開業するべきかの判断材料にしてください。

それでは今回のテーマはこちら。

キッチンカーをやっていた人の本音

本音

これから話す内容は、すべて僕の感想です。必ずしも皆さんが感じていることではないので、個人の一意見として受け入れてください。

1人ブラック企業

まず、キッチンカーは体力的にも精神的にもキツかったです。

開業前は月で24日出店を目指していましたが、32歳の僕でも、できませんでした。


何より大変だったのが仕込みです。

材料の買い物で往復2時間、生地の仕込みだけで1時間、材料の仕込みで1時間、さらに片付けで30分。これが前日の準備でかかる時間です。


出店当日の準備も大変です。

車に食材を積み込むのに30分、出店場所についてセッティングするのに40分、出店後の片付けに1時間、帰宅後の片付けに40分。さらに次の日の仕込みが、ここから始まることもあります。


出店中ももちろん、動き回っています。

1日の労働時間が15時間を超える日もありました。


イメージしてください。これが毎日続くとなると、元消防士の僕でも体力が続かなかったです。

これがまず、体力的に厳しいことです。


次に精神面の話です。

ひたすら毎日、同じものを作って売るという作業が、前に進んでいる気がしなかったです。


さらに、たくさん売れるときは達成感がありますが、売れない日は焦りが出てきます。

『この先大丈夫なのか』という思いが、頭をよぎりました。


最初は新しいことに挑戦する、ワクワク感がありますが、その気持ちはだんだんと薄れてきます。

すると毎日が作業のように感じられ、楽しさがなくなってきました。


1日の出店を切り取ると、そこまで大変でないように見えますが、同じことを繰り返す日々は、精神的にキツかったです。

キッチンカーは儲かるのか

お金が貯まる

結論、ほとんどの場合は儲かりません。

「儲かる」というのが、どれほどかによりますが、一般的な会社員よりも収入が少ない方がほとんどです。

ただ1人で暮らしていくには、十分だとは思います。


こちらにキッチンカーの平均年収をまとめた記事があるので、参考に読んでみてください。

キッチンカーの平均年収【公開】キッチンカーの平均年収

ちなみに僕がクレープ屋をやっていた頃は、月間の最高売上は42万円、平均は25万円程度でした。

手元に残るのは、ここから半分くらいだと思ってください。


ブラック企業並みの労働時間、そして精神にこたえる環境。

キッチンカー開業は甘くないです。

それでもキッチンカーをはじめるべきか

「儲けたい」と考えているなら、キッチンカーはやめるべきです。

「やってみたい」と思うなら、とてもいい経験になります。

僕はキッチンカーの魅力は、お金ではなく体験にあると思っています。

イベントなど、人が集まる場所での出店は、経験したことがない高揚感があります。


例えば、過去に「かき氷100食無料提供」というイベントを主催したのですが、とても楽しかったです。

キッチンカーは笑顔を生みます。

キッチンカーは副業でもいい

専念するべきという声が多いですが、僕は副業でのんびりやるのがいいと思います


先ほどのとおり、キッチンカーを収入の軸にすると、お金のために働かざるを得なくなります。

そうなると、毎日が作業のようになり、楽しさが無くなります。


例えば、普段は会社員で生計を立てつつ、休日に出店する方が気持ちがラクです。

「楽しそう」と始めたキッチンカーが、苦痛になるのは嫌だと思います。


もちろん、毎日キッチンカーで働きたいという人もいるので、これは一つの提案です。

無理せずのんびり開業してみては、どうでしょうか。

カケハシフードトラックのサポート

以上のことを踏まえてカケハシフードトラックでは、キッチンカーが儲かるような取り組みをしています。

こちらに掲載している出店場所は、出店料を比較的安く設定しており、売上の10%を指標としています。

出店場所リスト出店場所リスト

週末だけの出店も募集していますし、登録もかんたんにしました。

開業して間もない人も、すぐに出店できます。


カケハシフードトラックは、副業でのんびりキッチンカーをやる人も応援します。

まとめ

ではいかがだったでしょうか。

自分の経験をとおして、キッチンカーの本音を紹介しました。最後に今回の記事をまとめます。


キッチンカーのリアル

  • 準備だけでも労働時間が長く、体力が続かない
  • 同じ日々の繰り返し、売れない焦りから精神が削られる
  • キッチンカーは儲からない
  • のんびり副業がおすすめ

もう一度言いますが、個人の感想が多いです。

特に精神的にキツいかどうかは、差があります。キッチンカーが大好きで、毎日働きたい人もいます。


ただ儲からないということに関しては、たくさんの数字を見ての事実です。

この記事を読んで、ぜひ開業の参考にしてください。

コメントを残す