キッチンカーの平均年収【結論:462万円です】

キッチンカーの平均年収

「キッチンカーは働き方も自由で稼げる仕事」

残念ながらこんな広告は嘘です。


どうもこんにちは。カケハシフードトラック代表のゆきち(@yuki_one2)です。

さてキッチンカーを副業で始めようとする人、もしくはガッツリ本業で始めたいという人が増えてきましたね。


そこで誰しもが気になるのが..

キッチンカーの年収ってどれくらいなの!?

ということで今回は、カケハシフードトラックに集まるデータから「キッチンカーの平均年収」を算出しようと思います。


どんなにキッチンカーを長年やっている人でも、他の人の売上までは把握できないですが、カケハシフードトラックは把握できます。

各地の出店場所と、いろんな商材のキッチンカーがいますので、それらの統計で年収を算出しようではありませんか。


これは出店場所を複数管理している、カケハシフードトラックだからこそ出せる数字です。2分くらいで読めるので、サラッと参考にしてみてください。

キッチンカーの平均年収ってどれくらい!?

平均年収とは

ではさっそく発表します。

キッチンカーの平均年収:462万円

どうでしょうか?

ぜひご自身の給料と比べてみてください。そしてこの数字には根拠があるので解説していきます。

前提の条件

まずはっきり数字を出しといてなんですが、個人事業の正確な平均年収を算出することは不可能です。

なぜなら個人の正確な情報を集められないからです。個人事業の年収は推測予想で出すしかありません。


しかしその上で今回はあえて462万円と言い切っています。


そしてこの平均年収は、キッチンカー全体の平均です。そこには稼ぎまくっている方もいれば、開業したての人も含まれています。

もしこの数字を見て『そんな少なくないよ!』と思われたのなら、おめでとうございます。それは平均以上の収益を確保できています。

儲かっている人も、そうでない人も、普通の人も、いろんな方の平均値が462万円です。

計算方法

計算

今回の計算方法は2021年の一年間を通して、全ての出店場所のデータを洗い、平日の売上と休日の売上を計算してみました。

そこで算出された数字が..

平日の売上平均:13,600円

休日の売上平均:21,800円

※(百の位から四捨五入した値)

これは2021年、カケハシフードトラックが保有する、さまざまな出店場所のデータから抽出した数字です。

この売上をベースに1年の収入を計算してみます。


まず1年のうちに平日は244日あります。

雨で中止になることを踏まえて、平日は毎月週3回出店することとします。そうすると1年の平日の出店回数は146日となります。


そして休日は121日あります。こちらも中止になることがありますが、全て出店することにしましょう。

この売上、出店回数で1年間の売上を計算してみます。

平日の売上:1,985,600円

休日の売上:2,637,800円

2つを足すと、年収は462.3万円ということになります。


しかしこれはあくまで年収であって、手取りではないので注意してください。

では次に自由に使うことのできるお金(可処分所得)がいくらなのか、計算してみましょう。

キッチンカーの可処分所得

462万円はあくまで「売上」の合計金額です。経費やら税金があって、自由に使えるお金は少なくなります。


まず大きな経費として原材料費があります。

飲食店ではだいたい売上の30%と言われています。


なので原材料費:1,386,900円となります。


次に出店料です。キッチンカーは家賃が無い代わりに、場所によって出店料を徴収されることがあります。

ここは大手仲介業さんが採用している「売上の15%」として計算します。


出店料:693,345円となります。

材料費と出店料を合わせると

経費合計:2,080,350円となり

この経費を売上から差し引くと..


2,489,000円の所得
という数字が出てきます。

正確にいうと、ここにガソリン費や消耗品費なども含めないといけませんが、今回は誤差なので省略します。


しかしまだ248.9万円は可処分所得ではありません。

さらにここに税金がかかります。


正確には所得税と住民税、さらに国民保険と国民年金です。

ざっくり計算したところ

  • 所得税:151,400円
  • 住民税:248,900円
  • 国民年金:199,080円
  • 国民健康保険:238,100円

このような税金がかかることがわかりました。


これらをすべて差し引いて、残った額が可処分所得”になるわけですね。

では見てみましょう!!

キッチンカーが1年間で自由に使えるお金は

1,651,520円でした。


月額にすると…

137,626円です。

だいたい毎月14万円の手取りというのが、キッチンカーの平均とさせていただきます。

ちなみに30代サラリーマンの手取り平均は27万円です。

結論

いかがだったでしょうか?

あくまで個人のデータによるものですが、キッチンカーの平均年収を算出することができました。


サラリーマンの平均値よりは下回りましたが、なかには1日10万円近くを売り上げるお店もあります。

それは個人の力量次第で、収入は全然違う世界です。


強い人が勝っていくのは、どの世界にも共通していることですね。

僕が今回この数字を算出したのは「キッチンカーは儲からないよ」ということを言いたいわけではありません。


おおよその数字を知ってもらって、『よし。俺はもっと頑張るぞ!』ってモチベーションを上げてもらったり、『厳しそうだから副業で小さくやろう』と考えてもらうきっかけを作りたかったんです。


やってみて分かりますが、起業というのはとてもリスクのあることです。誰しもが簡単に起業すればいいなんて思いません。

人生の目標は「どれだけ幸せに過ごすか」なので、起業が必ずしも正解では無いです。


僕はキッチンカーを開業しようとしたときに、ネットで見かけた「年収1,000万円も目指せる」という過大広告に胸を躍らせました..

今考えるとけっこう悪質だと思うので、こういう嘘は潰していきたいと思います。


ということで、リアルを多くの人に知ってもらって、その上でキッチンカーを目指す方が健全なので、そういう社会を作っていきたいですね!!


以上、キッチンカーの年収についてでした。

最後まで読んでいただき、ありがとうございます。

コメントを残す