【実録】キッチンカー廃業した男のその後..

落ち込む

どうもこんにちは。カケハシフードトラックのゆきち(@yuki_one2)です。

2019年にキッチンカーを経営していました。


さて今回の記事はキッチンカーを廃業した、僕のその後についてです。

2019年クレープ屋を開業するものの、コロナの影響で活動自粛。僕はわずか8ヶ月で廃業に追い込まれた、いわゆる脱落者の1人です。


僕がキッチンカーを廃業してどうなったのかを、ここで紹介しようと思います。

この記事は開業を目指している方や、リスクを感じている方に見て欲しい内容です。


それでは今回のテーマはこちら。

キッチンカーを廃業するとどうなるか

1人

廃業にいたった経緯

実働8ヶ月


キッチンカーをはじめて、1年足らずで辞めた僕をどう思うでしょうか?

『よく頑張った』

『センスないから辞めて正解』

『考えが甘い』

YouTubeでキッチンカー引退を発表したときは、いろんな声をいただきました。


僕は2019年11月に開業し、翌年の3月には売上42万円を記録するほど好調でした。

これから4月を控え、クレープ屋としてピークを迎えるであろう、そのタイミングで来たのがコロナです。


今まで出店していた場所をすべてキャンセルし、僕は自宅待機することにしました。

出店することもできましたが、街に人通りはなく、何より家族のための判断でした。


その年の6月に緊急事態宣言が解除されたものの、それはコロナ前とはまるで違う景色でした。

出店していても本当に人が来ない。


モチベーションが一気に無くなったのを覚えています。

今まで来てくれた方が現れることはなく、コロナ前に積み上げたものがなくなったと思いました。


買いに来てくれる人がいなくなった後は、僕がキッチンカーを続ける理由が無くなっていました。

仕込みで時間をかけ、1日材料の準備をし、いざ出店しても誰も来ない。とても辛い日々でした。


“コロナ後にモチベーションが大きく下がった”

これが僕のキッチンカー廃業の理由です。

廃業後にどうなったか

月夜の下

僕はキッチンカーをはじめる前は東京都の公務員でした。年収は700万円ほどで、一般的に見たら多くもらっていた方だと思います。

そのすべてを捨ててキッチンカーをはじめました。


しかしその結末は廃業..

僕の人生はどうなったのでしょうか。


結論は、そんなに変わりませんでした。

大きな理由は、うまくキッチンカーを売ることができたからです。


カーローンを組んで、初期費用の工面をしましたが、廃業後に借金は残りませんでした。

仕事はキッチンカーの現場に立つのを辞めて、このようにブログなどで生計を立てています。


これは自論なのですが、仕事を辞めたくらいで人生が終わるとは思えません。

公務員のときから比べると、年収は激減しましたが、生活はあまり変わっていないです。


キッチンカーをやめた後に就職してもいいし、アルバイトという選択肢もありました。

廃業したものの、決して無駄な時間とは思いませんでした。


失敗したら、また違うことをやればいい。

やりたいことを実現できたのは、いい経験です。


しかし廃業のリスクに備えることは大事です。

ここからは今思うと後悔したこと、またよかったことを紹介します。

廃業後の後悔と幸運

消耗品を大量に余らせた

大量の消耗品
  • プラスチックカップ
  • ストロー
  • 紙コップ
  • スプーン
  • クレープ包装紙

消耗品は大量に注文すると、1個あたりの価格が安くなります。

それに釣られて、大量に余ってしまいました。


多少値段が上がっても、少しづつ注文するべきです。

結局この在庫はメルカリで安売りしました。かなりの損失です。


クレープの包装紙は売ることすらできませんでした。

大量の包装紙

ご覧のとおり、包装紙にお店のロゴを入れてしまい、さらにQRコードまでも付いています。

これでは誰も欲しがりません。


もうこれは破棄するしかないでしょう。

しかも在庫は9,000枚で、金額にして4万円程度です。非常にもったいないと後悔しています

キッチンカーが売れた

キャンプスクレープ

180万円で購入したこちらのキッチンカーですが、150万円で売却することができました。

この150万円には、クレープの機材一式と、冷蔵庫や冷凍庫が付いており、すぐにクレープ屋が開業できるようになっています。


車両は幸いなことに事故は一度もなく、綺麗な状態です。

外装にロゴマークなどもなく、誰もが使える状態になっています。


売ることまでは考えてませんでしたが、まずシンプルな見た目にしたのはよかったです。

そして次の購入者が見つかったのは、とても幸運でした。


僕のキッチンカーは、新しい場所でもクレープ屋さんとして活躍しています。

キャンプスクレープを継いでいただき、僕はいつも応援しています。

https://www.instagram.com/camps_crepe/

廃業は怖いことじゃない

いかがだったでしょうか?

これが僕のキッチンカー廃業のその後です。


かんたんに言うと、元の状態に戻っただけです。それでも人の繋がりと、経験は受け取ることができました。

今の仕事があるのは、僕がキッチンカーに挑戦したからです。


違う道として、就職してもよかったですし、また違う事業という手もありました。

借金を残さなければ、どうにでもなりそうです。


ネット検索で「キッチンカー/廃業」と検索すると「廃業イコール絶望」という記事を見かけました。

これは考え方によると思います。


廃業せずに、長くキッチンカーをやるのが成功なのでしょうか?

例えばその事業が過酷で、まったく楽しくないものでも続けるのが正解でしょうか。


キッチンカーの廃業というのは、前進です。

今やっていることを見直すチャンスかもしれません。


廃業をそこまで恐れる必要はないです。

キッチンカーに挑戦した時点で、もう成功だと僕は言いたいですね。

2 COMMENTS

なつ

初めまして、静岡県のなつと申します。
ブログ記事拝見させて頂き、経験をコンサルに切り替えた転身に感銘を受けました。スカウト受けて転職した会社から契約変更、業務変更をされ体調不良になりましたが仕事を切り替えるモチベーションを上げていかないと。励みになりました。

返信する
ゆきち

読んでいただきありがとうございました。人生はいつからでもやり直せるんだなと思いました。お仕事頑張ってください!

返信する

コメントを残す