キッチンカーはじめて最初の1ヶ月の売上を発表します

初月の売上

どうもこんにちは。カケハシフードトラックのゆきち(@yuki_one2)です。

2019年にキッチンカーを開業させています。

さて今回は、開業して最初の1ヶ月の売上を公開しようと思います。

キッチンカーは儲かるの?

最初はやっぱり赤字なの?

こんな疑問に数字で答えようと思います。

これからキッチンカーを始めようとしている方は、参考になると思います。


さらに今回は、開業1ヶ月目で気付いたことも書いていきます。この記事を読めば、最初の1ヶ月をどう過ごすべきかが少しわかるかもしれません。

それでは今回のテーマはこちら。

キッチンカー初月の売上を発表

初月の売上は

売上と利益

売上と残った利益までを紹介します。出店回数からさっそく発表です。

出店回数

8回

売上

1日目:4,000円
2日目:12,500円
3日目:4,000円
4日目:12,500円
5日目:2,500円
6日目:6,500円
7日目:9,000円
8日目:12,500円

合計:63,500円

出店料

売上の20%くらいが平均でした。

8日間の出店料の合計は19,350円です。

材料費

15,875円

残った利益

売上と経費を引いて利益を計算します。

売上金:63,500円
出店料:19,350円
材料費:15,875円

利益:28,275円

最初の1ヶ月の結果は、8日間出店して利益は28,000円ちょっとでした。

1日あたりの平均は3,500円くらいです。

バイトした方がよっぽどいいですね…厳しい世界です。


ちなみに僕が初出店を果たしたのが2019年の11月30日。

記念すべき出店場所は柏市の「道の駅しょうなん」です。毎週1回は出店する大好きな場所でした。

道の駅しょうなん

1ヶ月出店して気づいたこと

とりあえず右も左もわからないままキッチンカーをはじめましたが、感じること、勉強になることがたくさんありました。

経験して、はじめて気づいたことを紹介します。

ひらめき

出店場所がない

キッチンカーを手にして『よしやるぞ!!』と思っても、出店できる場所が無かったです。

開業前は『あそこのショッピングモールで出店してみよう』とか『公園に出てみよう』など思うのですが、その思いついた場所はだいたい出店できない場所です。


さらに仮に出店が許可されても、実際に現場に立てるのは書類の提出や申請がおりてからなので、時間がかかります。

よって、最初の1ヶ月目は満足に出店できずに終わってしまいました。

初出店の準備

これは僕の反省なのですが、初出店の準備を間違えました。

「1日で100食を売る」という気持ちでのぞんだのですが、全然売れませんでした。


ここで言いたいのは、どれくらいの需要があるか分からないのに、たくさん準備しない方がいいということです。

売れなかった食材は廃棄となってしまうので、非常にもったいないです。


初日は「完売したら終わり」というルールを設けて、少なめの準備でいいと思います。それでもし、すぐに完売するようなら、次回から仕込みを増やせばいいです。

出店初日で張り切るのは当然ですが、売れるかも分からない場所で、大量に食材を持っていくのは危険です。

売れないときの対応

最初は売れないのが当たり前なのですが、その原因は分からないものです。

初めて現場に立つのですから、分からないのは当たり前です。


ただ売れないとわかりつつも、何もしないのは違うと思います。

何が原因で売れないのかが分からないのなら、いろいろ試してみることは必要です。


ディスプレイを変えてみたり、呼び込みをしてみたり、看板を変えてみたり、暇なときに試行錯誤するのは大事かなと思いました。

出店場所を変えるというのも手ですが、自分に足りないところを見つけられるといいですね。

値段設定

出店場所によって料金設定を変えることが、当たり前だと気付きました。

当初は一度料金を設定したら、どこでも同じ価格で戦わないと思っていましたが、そんなことは無かったです。


需要がある場所では値上げをするし、無い場所では値下げをして集客を増やすのは、よくある戦略でした。


商品の値段は原価と相場で決めたものでしたが、場所によって変えることが必要です。利益を残すために、もっと料金設定については考えないとだめですね。

まとめ

では初月の売上と利益、さらに気づいたことを紹介してきました。

いかがだったでしょうか。


偉そうに語りましたが、まだ経歴1ヶ月の素人です。

それでもこれだけ書けるってことは、それだけ濃密な1ヶ月だったみたいです。


ネットで調べるのと、実際に経験するのとではまったく違います。

自分が経験して、こうやって情報を提供できることが嬉しいです。


今後もっと経験を積んでいけば、また違った考えが出てくるでしょう。

そのときの気持ちを反映するため、この売上公開は毎月していきたいと思います。


では次回は2ヶ月目の売上報告をお待ちください。最後まで見ていただき、ありがとうございました。

コメントを残す