キッチンカーはオシャレに改造しない方がいい理由

車の改造

どうもこんにちは。カケハシフードトラックのゆきち(@yuki_one2)です。

さて今回のブログは「キッチンカーはオシャレに改造する必要がないのでは?」という提案をします。


なぜかと言うと、キッチンカーをカスタマイズすると車検に通らなかったり、売却しにくくなるからです。

「キッチンカーを開業する」と決めたときには、まさか途中でやめようとは思わないですよね。


しかし統計的に見て、キッチンカーはほとんどが数年で廃業しています。

一生キッチンカーで食って行こうと思い準備しても、上手くいってない人がほとんどです。


そしていざ廃業となると

  • キッチンカーが売れない
  • 在庫が余っている
  • 借金だけが残った

などの問題を抱えるのです..


そのために、もし廃業をしても耐えれる準備は必要です。

キッチンカーが終わっても、人生は続きます。


この記事では、キッチンカー廃業後も立て直せる方法をお伝えしようと思います。

では今回のテーマはこちら。

キッチンカーをオシャレにするデメリット

車の修理

まずはキッチンカー廃業後の、悪い未来を考えてみましょう。

廃業したけど借金が残っている

『キッチンカーで生きて行こう』

そんな覚悟を決めて、開業に踏み切る人がほとんどでしょう。


しかし現実は、約半数が2年以内に廃業という結果に追い込まれます。

人生は上手くいかないことがほとんどです。


しかしキッチンカーをやめたとしても、人生は続きます。

その後の生活のために、立て直さなければなりません。


廃業後の最大のリスクは

キッチンカーを安値で売るしかなく、借金がかなり残った

ということです。


キッチンカーをやめたのにも関わらず、借金の返済をし続ける。

気持ちを切り替えて新しい仕事に就きたくても、これでは前に進めません。


ではなぜキッチンカーは高値で売れないのでしょうか?

この理由を考えてみましょう。

キッチンカーが高値で売れない理由

⑴ ロゴを付けてしまった

キッチンカーのボディにお店のロゴをプリントしたくなりませんか?

これをやめた方がいいです。


なぜなら買う人のことを考えたら、知らないお店のマークがあったらジャマですよね。ロゴを消すにしても余計に費用がかかってしまいます。

キッチンカーのボディにお店のロゴをプリントしても、集客効果はほとんどありません。


なぜなら商品を買う人はお店のロゴなんて気にしてないからです。

気にしているのは「何を売っているのか」と「いくらか」ということです。


お店のロゴをペイントするのは自己満足にすぎないので、売却のことを考えると付けない方が得策です。

どうしてもお店のロゴを掲載したい場合は、外付けのタペストリーに付けるといいでしょう。

外にロゴを付ける
vamosさん

⑵ ボディカラーが奇抜

キッチンカーを売ることを考えると、欲しがる人が多いことが重要です。

そのためにボディカラーが大事で、例えば赤や黄色にすると、車の主張が強すぎます。


どんなメニューにも合うように、黒や紺、白などがおすすめです。

自分が好きだと思うのと同時に、最後に売ることを考えた色選びをしましょう。

ポーテンダー
ポーテンダー さん

⑶ 車内が汚かった

汚い車は買いたくないですよね。

特に揚げ物をやるキッチンカーは、車内の掃除を気をつけた方がいいです。


油は時間が経つと落ちにくいうえに、酸化して臭いがきつくなります。またホコリとくっつくと黒くなって、見た目も最悪です。


汚い車は買い手が少なくなります。

揚げ物をやらない車も、ホコリや食べ物の破片はよく落ちているので、こまめに掃除するようにしましょう。

⑷ 安値で売却した

これが凄く大事なポイントかもしれません。

キッチンカーを普通の車屋さんに売却すると、かなり安値で買い取られます。


それで車屋さんは利益を出してるので、仕方ないです。

しかし個人間で取引できれば、高値で売ることもできます。買い手は安値で購入できるので、win-winな関係が生まるでしょう。


しかし、なかなか個人で買い手を探すのは難しいかもしれません。キッチンカーの個人売買をサポートするサービスもあるので、それを使ってみるのも手ですね。

フロントマスクを変えると車検が通らない

フロントマスク

以上がキッチンカーが高値で売れない理由でした。

しかしまだ、キッチンカーをオシャレにするデメリットがあります。

それはフロントマスクを変えると、車検に通らないリスクがあることです。

自動車には車検に決められたサイズがあり、フロントマスクを変えることによって、このサイズをオーバーすることがあります。


こういった自動車は、元のデザインで車検を通過し、その後に改造されています。

そして2年後の車検のときに、もとのマスクに直してまた車検を取得します。


法的には合法となりますが、自分で車検を通すのは難しく、改造車に詳しい業者でないとできません。

また車検に通らないと、売却のときのトラブルにもなりやすいです。


フロントマスクを変えるメリットは、可愛いと思われるくらいです。

車検や売却のことを考えると、改造しない方が望ましいです。

廃業後にも後悔しないために

ではいかがだったでしょうか。

キッチンカーをむやみに改造するデメリットを紹介しました。最後にまとめと、どうするべきかを提示します。


キッチンカーを改造しない方がいい理由

  • 高値で売れなくなるから
  • 車検に通らなくなるから


高値で売れない理由

  1. ロゴを付けた
  2. 奇抜なボディカラー
  3. 汚い
  4. 売る場所が悪かった

後悔しないための対策

  • 余計なロゴを入れない
  • 塗装は地味で万人受けするように
  • 車は常に清潔に
  • フロントマスクはそのまま

大事なことは、常に売り抜けることを考えながら準備することです。

僕はキッチンカーを180万円で購入し、150万円で売却することができました。


当時はキッチンカーを売ることを考えていませんでしたが、結果的に借金を残さずにやめることができました。

すべて高値で売却することができたからです。

落ち込む【実録】キッチンカー廃業した男のその後..

さらにキッチンカーをシンプルにすることにより、初期費用を格段に抑えられます。

それはつまり、開業のリスクを減らすことにもなります。


僕はたまたま、キッチンカーがシンプルで売りやすい形だったのですが、これがとても重要だと今になって気づきました。

キッチンカーをやめた後に借金を残さなければ、いくらでも次のステップに進めます。


これから開業を目指す方には、今回の記事がとても重要なことです。

開業ばかりに目がいきがちですが、本当に考えなくてはいけないのは、将来のリスクです。

コメントを残す